• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
部門・センターのご紹介
リハビリテーション部

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは?

狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓外科手術後の患者さんが1日も早く快適な生活や家庭生活に復帰し、さらに再発を予防することを目指して、運動療法・食事療法。健康相談などの活動を行うことです。
医師・看護師・理学療法士・検査技師・薬剤師・栄養士などがチームを組んで患者さんの治療・援助を実施します。

どんな人が心臓リハビリテーションの対象者になるの?

基本的には、急性発症した大血管疾患、あるいはその手術後の患者様と、慢性心不全や末梢動脈閉塞性疾患により日常生活に支障が及んでいる患者様が対象になります。

急性発症した大血管疾患として、急性心筋梗塞や狭心症、開心術後、大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後などがあります。
また、他院での開心手術等の心大血管手術を受けられた後でも、当院への紹介後受診して頂ければリハビリの対象になります。
心筋梗塞や狭心症の既往がある方で、医療施設での運動を続けたいと希望される方も御相談ください。

実際にどんなことをしているの?

基本的には、運動療法です。

内容は、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動、日常生活動作訓練等です。
ただし、心臓にどの程度の負担がかかっているか、どの程度の負担をかけてよいのかをメディカルチェックを行いながら実施してもらっています。

※心血管疾患は、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などの動脈硬化危険因子(冠危険因子)を基盤に発生しますが、
  運動療法はこれらの危険因子を是正する効果があります。

入院中のリハビリテーション

心疾患にて入院された患者様が、早期に社会復帰することを目標に運動療法を実施していきます。
症状が安定していない場合は、心臓に急激な負担をかけて発作等を引き起こさないように、主治医と相談しながら心臓にかかる負荷量を決定していきます。

具体的には、心電図や血圧等のメディカルチェックを実施しながら歩行を実施し、メディカルサインの変動を確認していきます。    
当院では、急性心筋梗塞発症後でも、手術後直後より介入を開始しています。  
  
症状が安定すれば、資格を持った心臓リハビリテーション指導氏の指導のもと、5階心臓リハビリテーション室にて積極的に運動療法を行います。
運動負荷試験にて、各々に適した運動負荷量を設定します。
心臓病教室を月に4回、集団にて実施しています。
再発を予防するには自己管理が重要となってきます。
その中でいかに病気と上手につきあっていく方法などをお話をさせていただいています。

呼吸リハビリテーション

※入院中は年中無休でリハビリテーションに参加して頂くことが可能です。

退院後のリハビリテーション

血管疾患にて入院加療後、無事社会復帰・在宅復帰を果たされた後でも、当院ではリハビリテーションの継続が可能です。
生活習慣の改善、運動習慣獲得、運動継続などを目的にリハビリの為の外来通院が可能です。

退院後のトレーニングは決して難しいものではありません。
これまでは、「運動しようと思うが3日坊主で終わってしまう」「運動する場所がない」「どんな運動をどの程度したらよいかわからない」などの理由で、運動の継続が難しいことも多かったのではないでしょうか。
当院では外来を通して、患者様の状態に合わせてリハビリテーションスタッフと共に無理のないプログラムを計画・実施していきます。

リハビリテーション外来の時間

平日の9:00~、14:00~(木曜の午後は休み)一時間程度の内容で運動教室を開催しています。

外来リハビリテーション診療予約時間

午前9:00    ○    ○    ○    ○    ○    ○
午後14:00    ○    ○    ○    ○    ○    ×

心筋梗塞や狭心症、心不全を指摘され、運動が必要と言われたが、なかなか運動を継続できていない、という方も是非お電話ください。
運動を継続する目的でも通院が可能です。

青洲会病院心臓リハビリテーション担当者一同


心臓リハビリテーションに関するお問い合わせ

e-ラーニング

〒811-2316 福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.