MENU

map

外来受診について

循環器内科

我々は、日常診療はもちろん、24時間365日救急診療に対応しております。
診療内容としては心疾患・循環器疾患はもちろん、話題のメタボリック症候群や全身の血管の動脈硬化を総合的に評価し、適切な医療を計画的に提供しています。
また、外来患者さんはもとより、当科退院後の患者さんには運動処方箋を交付し、心臓リハビリテーション指導士による心臓リハビリテーションを積極的に導入し、皆様の生活応援をしています。

循環器疾患とは

循環器疾患とは、心臓病(心不全、心筋梗塞、狭心症、弁膜症、不整脈など)、高血圧、肺動脈の病気、大動脈の病気、末梢動脈・静脈の病気などのことを指します。



1.診療体制

 当科は循環器専門医師4名で診療にあたっています。循環器疾患は緊急を要するものも多く、心筋梗塞など、致死的で一刻を争う救急疾患に対しては24時間体制で対応しています。一方、多くの循環器疾患は生涯治療が必要であることが多く、こうした患者様に対しては、可能な限り地域の先生方に日頃の外来治療をお願いし、緊急時や大きな機器を要する検査時にご紹介いただく形で共に治療を行い、生涯安心して生活・治療ができる体制作りに努力しております。

2.診療内容

①冠動脈疾患

 冠動脈疾患とは心臓の周りにあり、常に心臓自体に血液を送るパイプである冠動脈が詰まることにより生じる疾患で、狭心症や心筋梗塞のことを指します。

ⅰ:急性冠症候群:急性冠症候群(心筋梗塞、不安定狭心症など)に対しては夜間や休日も短時間で緊急に対応し、詰まった血管に再度血流が通れるようにする治療(風船・ステント等による)ができる体制で臨んでおります。

ⅱ:冠動脈疾患診断:できるだけ患者様に負担をかけないため、適応のある患者様ではカテーテルによらずに冠動脈の観察が可能なCTを駆使して診断を行っております。

ⅲ:冠動脈造影のみを目的とした入院は原則として1泊2日もしくは2泊3日で行っております。

②心不全

 心不全とは、心臓の機能が低下した結果、息苦しさ・呼吸困難・むくみなどの症状が出現する状態です。程度により、直ちに命にかかわることもあります。薬物治療、もととなる心臓病の治療が中心になりますが、以下のような治療を組み合わせることで治療成績の向上を目指しています。

ⅰ:NPPV治療:呼吸困難を伴う重症心不全患者様でも、できるだけ挿管(チューブを肺の近くにまで入れる手技)を行うことなく、患者様に負担をかけずに治療を行うよう努力しております。

ⅱ:器械による心不全治療:当院では心臓外科手術を行っていないため、特殊なペースメーカーを使用しなければならない両室ペーシングによる治療は院内では行っておりませんが、必要な患者様は周辺の心臓外科施設にご紹介しております。

ⅲ:心臓リハビリ:心不全の患者様、心筋梗塞の患者様では、リハビリによる心臓や全身の機能の回復が望めることが知られています。 心臓専門のリハビリスタッフによる指導を入院中はもちろん、退院後も必要に応じ行っております

③不整脈

1)早い不整脈(頻脈性不整脈):24時間心電図による検査、薬物治療およびカテーテルアブレーション(カテーテルを用いた不整脈根治術)を行っています。

2)遅い不整脈(徐脈性不整脈):遅いタイプの不整脈にはペースメーカーという機械による治療が確立されており、当院でも10日程度の入院で手術を行っています。ペースメーカー植え込み後は車と同様に定期点検を行っていきます。

*詳細は専門外来のページ(不整脈外来)をご参照ください →コチラ

④高血圧

 高血圧治療では日頃の血圧の情報がきわめて重要です。当院では、原則として自宅での血圧を患者様に記録していただくと共に、必要な患者様には24時間血圧計を用いることにより、最大限患者様の血圧情報を収集して、患者様の血圧変化に応じた薬物処方をするよう心がけて ります。また高血圧の原因の一つともいわれている睡眠時無呼吸症候群についても、疑いのある患者様では、積極的に検査を行っています。

⑤その他の心血管疾患

1) 当院では心臓外科手術は行っておりませんが、近隣の心臓外科施設と連携し、重症冠動脈疾患や動脈瘤などの外科的治療を要する患者様にも対応しております。

2) 閉塞性動脈硬化症(下肢の血管が詰まる病気)の患者様に対しては、カテーテル加療が可能であれば当科で治療を行い、外科的加療を要する場合には近隣の血管外科と連携して治療を行っております。

3) 近年生まれつきの心臓病(先天性心疾患)の患者様が手術の進歩により成人まで生存されることが普通になってきており、そのような患者さんの諸問題(心不全・不整脈)にも積極的に取り組んでおります。

3.臨床研修

当科は日本循環器学会の研修施設に指定されており、当科に興味のあるスタッフを募集しております。大きな組織ではないため、循環器疾患の診断と治療の全般を研修していただくことが可能です。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

2018年度診療実績

入院患者数 766人
平均在院日数 10.7日
心臓カテーテル検査 229例
(虚血性心疾患)冠動脈CT検査 242例
冠動脈インターベンション 198例
(末梢血管疾患)末梢血管形成術 32例
(不整脈)心臓電気生理学的検査 0例
カテーテルアブレーション 14例
永久的ペースメーカー植え込み術 27例
心臓リハビリテーション 490例

開業医の先生方へ

担当医師のご紹介

  • 主任部長、地域連携担当副院長、循環器センター長

    横山 正一

    Masakazu Yokoyama

    循環器内科


  • 部長

    中原 真明

    Masaaki Nakahara

    循環器内科


  • 副部長

    矢成 亮介

    Ryousuke Yanari

    循環器内科


  • 医長

    村上 昇

    Noboru Murakami

    循環器内科


  • 医長

    関 拓紀

    Takunori Seki

    循環器内科


  • 医員

    樋口 優

    Yuu Higuchi

    循環器内科


外来担当医表

◀前月

2019年6月

翌月▶

循環器内科

◀前の週次の週▶

診療時間
午前

山田太郎

(00:00~00:00)

山田太郎

(00:00~00:00)

山田太郎

(00:00~00:00)

山田太郎

(00:00~00:00)

     
午後            

診療科目

専門外来

  • 代表電話
  •  
  • 外来予約変更
  •  
  • 総合健康センター

gotop