MENU

map

部門・センターのご紹介

栄養課

栄養課のご紹介

栄養課では、医師や多職種と連携を取りながら、患者さんの病状や栄養状態に合わせた食事内容を考える、当院所属の管理栄養士で構成される「栄養管理チーム」と、その食事内容を実際に調理し提供する委託会社の管理栄養士・栄養士・調理員で構成される「給食管理チーム」の大きく2つに分類しています。それぞれの職種チームが、患者さんの治療を「食」を通じて栄養面からサポートしています。

栄養課スタッフ

管理栄養士 5名

(給食業務委託)

管理栄養士 1名
栄養士 5名
調理師 7名
調理・事務補助 14名

2019年7月1日現在

主な業務

日々、患者さんの個々に合わせた食事療法の提案(栄養指導)や必要栄養量の評価(栄養評価)を行っています。

栄養指導・相談について

栄養指導は、入院及び外来患者さんを対象に、より多くの方に食事療法の大切さを知って頂くため、心臓病教室や糖尿病教室など、疾患に応じた食事療法をお伝えする「集団指導」と、生活習慣病や嚥下調整食など、患者さん個人の食生活や嗜好、食事への思いなども伺いながら長期的に実践可能な方法を提案させて頂く「個別指導」を行っています。

▲1階 栄養相談室

▲フードモデルを使って

栄養管理・チーム医療について

栄養評価では、入院される患者さんに対して他職種とともに、栄養管理計画の作成と見直しを行っています。もし、問題があった場合、医師、看護師、薬剤師、栄養管理士等、多職種が所属する栄養サポートチーム(NSTチーム)が介入し、適切な栄養管理を検討しています。その中で管理栄養士は、栄養状態悪化を防ぐため、経口食や経腸栄養剤の種類の変更などを提案し、早期退院に貢献できるよう日々取り組んでいます。

食事提供について

給食管理チームでは、衛生管理を徹底した「安心」「安全」で美味しい食事の提供を心掛け、医師の指示により、患者さん一人一人の状態や身体機能に合わせた食事を1日当たり約750食提供しています。入院生活の中で「食事」が楽しみと感じて頂けるよう、季節を感じるメニューを取り入れたお楽しみ献立(行事食)を取り入れています。また、退院後の食習慣の見直しの参考にして頂けるように栄養バランスや味付けにも配慮しています。

  • 配膳時間

    朝8:00 昼12:00 夕18:00
  • 適温給食

    平成21年度より温冷配膳車を使用しています。

    △温冷配膳車
  • 行事食

    季節に合わせた行事食(月1回)や、人気の高いちらし寿司(月1回)の提供を行っています。

【行事食の一例】

  • うな丼
  • おくらのなめ茸和え
  • 西瓜
  • 冬瓜のすまし汁
  • 代表電話
  •  
  • 外来予約変更
  •  
  • 総合健康センター

gotop