MENU

map

部門・センターのご紹介

看護部

看護部の特徴

青洲会グループは急性期から回復期・慢性期、
在宅の患者さんまでサポートしています。

そのため、外来・急性期病棟・慢性期の療養病棟・老人保健施設・訪問看護ステーション等の機能を揃え、その内容を充実させると共に、これらを活用した看護ケアを提供しています。
患者さんが、どこの場にあってもその方らしく生活できることを願い、ケアさせていただいています。さまざまな機能を持つため、継続医療や看護が可能となる範囲が広がり、ワンストップで幅広い分野にチャレンジできます。

看護部理念

私たちは個人の尊厳を守り、
あたたかい心をもって、
地域に信頼される看護を提供します。

看護部長挨拶

地域から信頼される病院、職員が安心して長く働ける病院です

当院は糟屋郡の中南部地域の中核病院として、急性期から回復期の患者さんの看護を提供しています。 看護師は看護部の理念のもと、患者さん一人ひとりに目を向け「見る、観る、視る、看る」ことを重視しあたたかい心をもって地域に信頼される看護の提供を目指しています。 人材育成については、クリニカルラダーを基本として教育プログラムを組み、専門職業人としてキャリアアップできるよう知識技術の習得に励んでいます。 また、職場においては子育て支援の充実を図り、長く働き続けられる職場環境作りに努めています。 職員一人ひとりを大切に、みんなで学び支え合えるような看護部を目指しています。

ICU

ICUは、急性期かつ重篤な状態にある患者さんを集中的に治療・看護する6床の病棟です。
生命の危機状態、侵襲を受けて一時的に医療に依存している患者さんに対して幅広い知識と技術を持って心身両面の的確な看護およびそのご家族の精神的ケアを実施しています。24時間365日いつでも重症の患者さんを受け入れられる体制を整えています。

手術室

手術室では「周手術期における患者の安全を守り、安心な看護を提供する」を方針としています。 手術を受けられる患者さん一人ひとりに必要とされる看護を提供するために、手術前には患者さんの病室を訪問し少しでも不安を軽減出来るように努めています。また、安心して手術を受けて頂けるよう手術室の環境を整えています。手術後、安定した経過をたどり「福岡青洲会病院で手術を受けて良かった」と思っていただけるように手術室看護認定看護師を中心にスタッフ全員が真剣に、そしてポジティブな姿勢を保てるよう努力しています。

外来

外来は各診察室の診察介助以外に、内視鏡検査、放射線課での介助業務、腹部や頭部の血管造影など幅広く業務を行っています。そのほか入院期間の短縮などにより外来で行われる治療も多くなり、患者さんが安心・安全に治療が受けられるように努めています。また、外来には入院や在宅生活をサポートする支援看護師も配置しています。病気を持ちながら生活する上で、お困りの患者さんに対してよりよいサポートができるよう努めておりますので、お気軽にお声かけください。

2階東病棟

2階東病棟は「内視鏡・ヘルニアセンター」として消化器外科、内科を中心に急性期治療を行なう45床の病棟です。主に手術や抗がん剤治療、内視鏡検査及び治療を専門としています。不安を抱えて入院される患者さんに少しでも安心して治療を受けていただけるよう、日々知識・技術の向上に努めております。患者さんの声に耳を傾け、安心して入院生活を送っていただきたいと思います。

2階西病棟

2階西病棟は、「循環器センター」として、CCU6床、一般25床の31床の急性期病床です。 カテーテル検査や経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)、心臓血管リハビリテーションなど専門的な治療を行っています。また、医師、看護師、薬剤師、栄養士、リハビリ、ソーシャルワーカーがチームとなり安心して療養し退院できるようサポート体制に力を入れています。

3階東病棟

3階東病棟は、「整形脊椎センター」として、骨折・手足の関節疾患、一般の外傷や脊椎の疾患などの治療をメインとしていて、その他に眼科疾患の患者さまが手術・検査目的で入院される44床の急性期病棟です。 患者さんの多くは、日常生活から一変し、手術やベッド上での生活へとストレスの多い生活へ移行されます。そのような方々に対して、ストレスなく入院生活を送っていただき、入院前の生活に少しでも近づけるよう、医師・看護師・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー一同で治療、退院支援にあたっています。

3階西病棟

3階西病棟は、「脳神経センター」・「呼吸器センター」・一般内科の混合病棟として、各科の急性期治療を行う41床の急性期病棟です。入院から退院後のケアに至るまで患者さんに寄り添った看護を行なっております。安心安全で質の高い医療・看護が提供できるよう医師を始め病院スタッフが、患者さんを中心としたチーム医療を目指しています。

4階病棟

4階病棟は、急性期での病状が安定された後に一日も早く入院前の生活に戻っていただくため、集中したリハビリテーションを行う回復期リハビリテーションです。また、個人訓練以外にも、趣味やレクレーション、体操などを行い、ベッドから起きて過ごす時間を作っています。

救急外来

救急外来は、救急災害センターとして粕屋郡の中南部地域の医療を中心に、災害拠点病院としての役割を果たす為、年間約3,500台の救急受け入れと、Walk in患者さん約7,500人を受け入れています。平成27年度からはドクターカーを導入し、 病院前救急にも力を入れています。 生命の危機状況にある患者さんに最新の医療と、早期回復に向けた質の高い看護が提供できるよう、日々カンファレンスやディスカッションを行っています。また、DMAT隊員や一次救命・二次救命・外傷等のインストラクターが多数居り、地域や院内外での救命講習など積極的に参加しスキルアップを図っています。 救急災害センターは、コミュニケーションも良く、チームワークが最高な職場です。 24時間365日「すべては患者さまのために」をモットーにスタッフ一同日々頑張っています。

透析室

※現在調整中

  • 代表電話
  •  
  • 外来予約変更
  •  
  • 総合健康センター

gotop