MENU

map

部門・センターのご紹介

リハビリテーション部

回復期リハビリテーション病棟について

脳血管疾患又は大腿骨頸部骨折、脊髄損傷等の患者さんに対して日常生活動作能力の向上による寝たきり防止と家庭復帰、職場復帰を目的としたリハビリテーション計画立案を患者さんやご家族の意見や希望を基に、医師、看護師、介護職、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士等が共同で行い、リハビリテーションを集中的に行う病棟です。

回復期リハビリテーション病棟 対象疾患

疾患 発症・手術から
入院までの期間
(1) 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは手術後 2ヶ月以内
(2) 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む他部位外傷
(3) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節・膝関節の骨折又は手術後 2ヶ月以内
(4) 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内
(5) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後 1ヶ月以内
(6) 股関節又は膝関節の置換術後の状態
1ヶ月以内

日常生活動作能力の向上

「リハビリ」だけが「リハビリ」ではない

担当リハビリ職員でのリハビリに加え、着替えや入浴、食堂までの移動なども生活全般が患者さまのリハビリとして全職員で支援していきます。


寝たきり防止

楽しく、目的を持ってベッドから離れて過ごす病棟

入院生活はベッドで過ごす時間が長くなり、心身の能力が低下しやすい環境になりがちです。その為、当院の回復期病棟では「院内デイサービス」「サーキットトレーニング」など目的や楽しみを作り、他者と交流しながらベッドから離れて過ごして頂く工夫をしています。

職場復帰

働きたい意欲をあきらめない

患者さんやご家族のご希望に合わせて、職場の方との情報交換やアドバイスなど、職業復帰を目指すために全職員でサポートいたします。

家庭復帰

患者さんだけでなく、ご家族も含めたリハビリ

早期にご自宅に安心・安全な家庭復帰ができる事を目指し、全職種で患者さんの家庭復帰を目的としたサポートをします。ご家族のご都合やご希望に合わせて、様々な生活場面での介助方法などを職員がご一緒に行うことで、家庭での不安の軽減に努めます。また、家事や趣味などご家庭で行っていた役割に対するリハビリも積極的に 行います。

栄養状態の維持・改善

リハビリ×栄養 = リハビリ効率UP

リハビリにおける運動(エネルギー消費と筋肉合成)と栄養療法(エネルギー摂取)は密接な関係であり、この二つを組み合わせた『リハ栄養』という考えは、最近の注目分野になっています。
当院においても、当院回復期病棟に入院した全患者さんに対して、「看護師が栄養の乏しい状態の方の抽出」を行い、「身体計測(腕の太さ、脂肪厚、筋肉)や運動量(エネルギー消費量)」をリハビリスタッフと栄養士で共有し、迅速に日々の食事(栄養療法)への反映をする取り組みを行っています。

早期退院、安心できる退院

入院中のリハビリから退院後のリハビリまで

患者さんとご家族との話し合いを重視し、患者さんやご家族の意見を基に入院計画、リハビリ計画を作成し、質の高い早期退院を目指していきます。また、入院中だけでなく、退院後のフォローも充実した内容で、安心した退院ができるように援助をしていきます。

【回復期リハビリテーション病棟 実績報告】

各種リハビリテーションのご紹介

  • 代表電話
  •  
  • 外来予約変更
  •  
  • 総合健康センター

gotop