• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
地域の医療関係者様へ

もの忘れ・高次脳機能障害外来のご案内

福岡青洲会病院では、平成22年9月より「もの忘れ・高次脳機能障害外来」を開始いたしました。もの忘れ・高次脳機能障害外来の流れに関しては、以下参照下さい。

  • もの忘れ外来:
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の場合があります。物忘れ外来では、初診時に問診と必要な検査を行い、症状が年齢によるものなのか、病気によるものなのか診断致します。
    そして、診断結果に応じた治療や対応・今後の方針をご相談させていただきます。
  • 高次脳機能障害外来:→高次脳機能障害とは?
    記憶障害,注意障害,遂行機能障害,社会的行動障害などの高次脳機能障害を専門的に診察します。様々な必要な検査で現在の状態を評価し,リハビリテーション,薬剤の処方・今後の方針などをご相談させていただきます。

もの忘れ・高次脳機能障害外来の流れ

  1. 予約
    (外来日 毎週木曜日 14時30分~)
    ※完全予約制(1名)となっております。事前に予約電話をお願いいたします。
    予約電話番号:092-939-0010
  2. 初回受診
    詳細な問診(本人、家族)、神経学的検査、認知機能スクリーニング、抑うつ尺度スクリーニング
    血液検査(一般生化学、甲状腺ホルモン、ビタミンB12 など)
    頭部画像検査(VSRADを含む頭部MRI検査)

    必要な神経心理学的検査・・・リハビリテーション部門で行います
    (必要に応じて脳血流シンチグラフィ(SPECT)検査、髄液検査、脳波)
    ※SPECTのみ他院での検査依頼となります。
  3. 第2回もしくは第3回目外来
    最終的な検査結果の説明を行い、今後の方針の決定(薬物療法、非薬物療法)
    必要であれば医療相談員の介入による支援についての相談、フォローアップ先決定。
  • ◆「運動機能回復を目的とした脳卒中早期リハビリテーションの御案内」はコチラ

担当医

専門臨床分野 日本神経学会(指導医)、脳卒中学、臨床神経学、神経リハビリテーション
所属学会 日本神経学会(専門医)、日本脳卒中学会(専門医)、日本内科学会(認定医)
高次脳機能障害学会、American Stroke Association, American Society of Neurorehabilitation、日本リハビリテーション医学会
経歴 九州大学医学部医学科卒業(1989年)
九州大学大学院医学系研究科博士課程 (医学博士)
京都大学大学院医学研究科(臨床研究者養成コース)(公衆衛生学修士)

国立循環器病センター内科脳血管部門
Washington University(St. Louis)、Neurology(脳卒中部門)
脳神経センター大田記念病院脳卒中診療部長(脳神経内科)
社会医療法人財団慈泉会相澤病院リハビリテーション科医長
経頭蓋磁気刺激Visiting Fellow修了(Harvard Medical School)
最近の
脳卒中
関連著書
井上勲:
SCU ルールブック第2版:峰松一夫監修(中外医学社)分担  2010

井上勲:
脳卒中医療の変貌:脳卒中治療ネットワークのあるべき姿 循環器科 57(4):383-395, 2005

井上勲:
Stroke Unitの10年 エビデンスの動向 総合リハ 36:1145-1151, 2009

井上勲:
運動機能回復を目的とした脳卒中リハビリテーションの脳科学を根拠とする理論とその実際
相澤医学雑誌 8:1-11,2010

診療科目

専門外来

e-ラーニング

〒811-2316 福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.