• ご来院の皆様へ
  • 地域の医療関係者様へ
  • 部門センターのご紹介
  • 当院のご紹介
  • 特色と取り組み
  • 採用情報
部門・センターのご紹介

診療支援部

薬剤部のご紹介

薬剤課では、1年365日、24時間体制で対応しております。
主な業務は、調剤・製剤業務・服薬指導・DI業務・医薬品管理・持参役管理・治療薬の管理・調剤などを行っております。
以下に薬剤課の業務を御紹介いたします。

内服・外用

医師の処方箋に基づき、各個人の薬剤を作ります。
処方箋に疑わしいところがあれば、医師に確認をしたうえで行っています。
各個人の薬歴を記録し、相互作用、重複投与、副作用などに注意しています。
また、他院で処方された薬剤を調べ、同じように問題がないように努めています。

注射

各個人の注射を毎日セットして病棟に払いだしています。
薬歴を記録し、相互作用、重複投与、副作用などに注意しています。
処方箋に疑わしいところがあれば、医師に確認をしたうえで行っています。
また、配合変化などにも注意を払っています。
高カロリー輸液や、抗がん剤を無菌的に調整しています。

製剤

治療に必要な薬剤で、市販されていないものを医師の指示に基づき作っています。

薬剤管理について

入院中の患者さんに、使用している薬剤の説明を行っています。
冊子や紙面を用いて、薬剤の情報を提供しています。
持参薬の管理(飲み合わせ等)を行っています。

医薬品情報管理について

医薬品に関する情報の収集・管理と、医師をはじめ医療スタッフへの正確 かつ迅速な医薬品情報の提供を行います。
特に緊急安全性情報の伝達については即日対応しています。
院内医薬品集の作成、院内副作用情報の収集、院外薬局からの情報管理なども行っています 。
また、月に1回「薬剤部だより」を発行しています。

医薬品管理について

SPD(Supply Processing & Distribution)システムを導入し、在庫管理をしています。
病棟配置薬の定数や使用期限の管理を行っています。
薬事委員会を開催し、採用薬剤の管理しています。

治験管理について

治験薬の管理と調剤、IRB の開催、治験薬の受入を主な業務とし, CRC(治験コーディネーター)と連携して業務を遂行しています。

チーム医療について

NST(Nutrition Support Team)、ICT(Infection control Team) リスクマネージメント委員会、各診療科のカンファレンス・回診に積極的に参加しています。

薬剤課のご紹介

このページの先頭へ

e-ラーニング

〒811-2316 福岡県糟屋郡粕屋町長者原西4丁目11番8号
電話:092-939-0010
E-mail:fukuoka@seisyukai.jp

Copyright © 2015 FUKUOKA SEISYUKAI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.